かたつむりは普段どこにいる?雨の日に見る理由とあじさいになぜいるのか?

かたつむり 普段 どこにいる

梅雨と言えば?と聞かれれば、
雨や紫陽花やかたつむりをイメージする人は多いですよね。

その証拠に梅雨のイメージイラストには、
この3つが含まれている事が多くあります。

でも、姪っ子にねだられてカタツムリを探した事があるのですが、
上のイメージで探してみましたが見つかりませんでした。

その後、カタツムリをいろいろ調べてみた結果、
イメージだけで探すのは良くないということがわかりました(笑)

というわけで、今回はカタツムリを探している人達の為に・・・

・かたつむりは普段どこににいるのか?
・カタツムリを雨の日に見ることが多い理由
・かたつむりがあじさいになぜいるのか?

この辺りをお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

かたつむりは普段どこにいる?

実際にはカタツムリって普段どこにいるのでしょうか。

別にカタツムリマニアというわけではないので、
あくまで調べた限りにはなりますが・・・

かたつむりが活発に活動するのは梅雨の時期です。

梅雨時期は食事や水分補給の為に葉っぱの上いたり、
殻作りの為にコンクリートに含まれる石灰(カルシウム)を摂取する必要があるので、
コンクリート壁にくっ付いていたりします。

これは間違いありませんね。

梅雨の時期以外では、春から秋に掛けては葉っぱ裏や土壌の中に隠れて
生活しているようです。

他にも、 茎の根元、 植木鉢の裏、 ウッドデッキの隅等、
とにかく直射日光の当たらないところに生息しています。

ですから、人目につかない影に隠れて生活をしているわけで、
パッと見では見つからないところに生息しているということになります。
どうりで目に付かないはずですよね。

ちょっと驚きなのは、冬場は冬眠をしているということです。
冬場のかたつむりは栄養を蓄えて殻の入口に粘液を固めた膜を張り、
枯れ葉などの隙間やブロックの裏などで冬眠しているようです。

冬場にたま~に見る、かたつむりの殻ってありますよね。
てっきりお亡くなりになったカタツムリの殻だけ残っていると思っていましたが、
実は冬眠中だっただけで実は生きていた可能性もあったわけというわけですね・・・

というわけで、今までの情報を整理すると、
カタツムリが見つかりやすいタイミングがわかってきます。

かたつむりを見つけたい場合には・・・

ずばり梅雨の時期や春~秋に掛けての、雨が降ったタイミングで、
湿った葉っぱの上や湿ったコンクリートの壁を探すのがベストでしょう。
※「湿った」というところがポイントです

もっとわかりやすく書くなら、
「雨上がりの湿ったコンクリートの壁」を散歩がてら眺めていくと、
見つけられる可能性が高いでしょう。

あなたも雨上がりに子供と一緒に探索してみてくださいね。
きっと見つかるはずですよ。

カタツムリを雨の日に多く見る理由

カタツムリを見つけたいのであれば、
「雨上がりの湿ったコンクリートの壁」を見る。

と上述しました。
では、そもそもなんで雨の日で湿った環境だとカタツムリが多く見られるのか?
この部分について、もう少しだけ書いておこうと思います。

理由は大きくわけて2つあります。

かたつむりは晴れの日に活発に活動出来ない

これについては上述している通りなのですが、
体のほとんどが水分で構成されるカタツムリは直射日光を嫌います。
体が乾燥してしまうと死んでしまうからです。

ですから、晴れの日には日差しを避ける為、
葉っぱの裏、茎の根元、 植木鉢の裏、 ウッドデッキの隅等に避難するしかないわけですね。

日差しのある時は動けないカタツムリですが、
雨の日や湿気のあるジメジメした時期になると活動を再開して表に出てきます。

実は雨が嫌いなカタツムリ

梅雨時期や雨の日に活動が活発になるカタツムリですが、
その理由は食事や水分補給です。

ですが、実は水から逃げるという目的もあります
実はカタツムリは水中呼吸が出来ない種類の生き物です。
水に沈む事はカタツムリにとって命の危機ということになります。

ですからカタツムリは大雨を感じると、
洪水に流されない位置まで逃げるのです。

それが結果として人の目につきやすくなってしまうわけです。


スポンサーリンク

かたつむり が あじさい になぜいるのか?

雨の中、綺麗に咲くアジサイの横に佇むカタツムリの構図。
写真やイラストで一度くらいはみたことあるのではないですか?

梅雨といえば、「雨、紫陽花(あじさい)、カタツムリ」を連想しますから、
そのせいでカタツムリは紫陽花が大好きなんてイメージを私は持っていました。

だからカタツムリを探そうとすると、
あじさいの近くをつい探してしまいます。

でも実際捜して見ると、紫陽花に付いているカタツムリなんて、
ほとんどいたことがないんですよね。

※経験上ですが・・・

そこで少し調べてみたのですが、
実はカタツムリは紫陽花が好きというわけでもないらしいです。

雨から逃げたり、水分を補給する為にたまたまアジサイの上にいることはあっても、
好きだから好んでというわけではなさそうです。

まとめ

カタツムリ、ちょっとした興味から調べ始めたのですが、
調べれば調べるほど興味深い生き物です。

世の中にはカタツムリマニアなんていう方もいるようですが、
今回調べてみて、マニアになる人の気持が少しだけわかったような気がします。

最初は渋々でしたが何だか楽しくなってしまったので、
私もまた姪っ子と一緒に、カタツムリを見つけにいこうかなと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です