母の日を義母にだけやめたい、あげない時は?姑から催促が来る場合には?

母の日 義母 やめたい

母の日の義母への贈りもの。
毎年、時期がくると億劫になりますよね。

たいして付き合いがないから好みもわからないし、
そもそも感謝していなくし、ただの義務感で贈っているわけで、
プレゼントを選んでも楽しくないし、むしろ頭を悩ませる原因になりますよね。

「もういい加減やめたい!今年はやめる!」

なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

でも、一度はじめてしまっているとなかなか辞めづらいですよね。

というわけで今回のテーマは、

・母の日を義母に贈るのやめたい場合、どうすればいい?
・そもそも母の日を義母にあげないのは非常識?
・姑から催促が来る場合にはどうしたらいい?

こちらをテーマにお伝えします。

スポンサーリンク

母の日祝いを義母に贈るのをやめたい場合、どうしたらいい?

普段から義母と良好な関係を築けていれば何も気にしないで済む話なのですが、
嫁姑問題という言葉があるように、義母と不仲という方は非常に多いです。

結婚するに対して、旦那の性格は選べますが、
その母親である義母の性格まではなかなか考えられませんよね。
結婚後、義母と性格的に合わないという人が多いのも納得できる話です。

そういう時には、距離をおき関わらないのが一番いいわけですが、
そうもいかない時ってありますよね。

その中の1つとして、毎年主婦の頭を悩ませる、
母の日というイベントがあります。

一般的には義理とはいえ母は母です。
ですから、みんな頭を悩ませながら、母の日のプレゼントや贈りものをしています。

でも、どんなに頭を悩ませて義母への母の日の贈りものを選んでも、
文句ばっかりだし、もっとひどいとお礼なしなんてパターンもあります。

見返りが欲しいからやっているわけではないにしたって、
これではやった甲斐もないというものです。

・そもそも義母に感謝もしていないのに贈る必要ってあるの?
・もう面倒くさいから母の日をやめたい(やめよう)

こんな気持ちになってしまうのも仕方のないことですよね。

でも・・・

今まで贈っていたのに急に贈るのをやめたら、それはそれで揉めそう。
かといって、「今年からやめた!」と宣言するのもちょっと・・・

こんな不安が浮かぶのも当たり前のことですよね。

でも大丈夫です。
そんな不安は上手く立ち回ることで解消できますよ。

もちろん立場や状況によって、振る舞いは返る必要がありますが、
ここで大事なのは、母の日をやめても仕方のない理由をしっかりと用意して、
旦那から伝えさせる
ということです。

急に贈るのをやめるというのも、やめるきっかけとしては良いのですが・・・
個人的にはおすすめできません。

普段からお互い無干渉であるならば問題は起こらないとは思いますが、
相手が口うるさく干渉してくる場合には、余計なトラブルになりかねません。

ここは1つ相手が納得できるだけの理由を添えて、
今年から母の日はやりませんと言ってしまう方が良いでしょう。

理由は、金銭的な理由が良いのではないかと思います。
(例:子供の養育費捻出の為とか)

こちらが贈るとお返しがくるような関係であるならば、
お互いが負担になってしまう等、都合の良い言い訳はたくさんあります。

自身の状況から相手が納得出来る様な理由を考えていきましょう。

また、それを伝える人も大事です。
嫁姑関係にあたるわけですから、あなたは立場上、
義母にあまり強くは言えませんよね。
またその逆で義母はあなたに強く言えてしまう立場です。

その立場で「母の日をやめます」なんて言おうものなら、
相手の感情に火が付き、烈火の如く怒るのは目に見えています。

ここは1つ、そんな義母に強く言える旦那の力を借りましょう。
さすがの義母も息子にはあまり強くいえませんからね。

これはあなた個人の問題ではなく、夫婦の問題です。
あなた一人で解決しようとせず、旦那にしっかりと協力を仰ぎましょう。

母の日祝いを義母にあげないっていうのはどうなの?

そもそも母の日に義母に贈りものをしないのはどうなんだろう?
という部分にもう少し触れていきたいと思います。

本来の母の日とは、「日頃の母の苦労を労り、母への感謝を表す日」のことです。
では義母に対して、感謝をするというのはどんな状況があるのでしょうか。

・夫婦に対して贈りものをくれたり、普段から気に掛けてくれる
・子供(孫)に対して贈りものをくれたり預かってくれる
・旦那を生んでくれた事に対する感謝

この辺りですかね。
この中のどれに対しても感謝を感じないのであれば、
それはもう感謝ありきの母の日ではなく、
義務感でやっている母の日ということになります。

それにどれだけの意味があるのでしょうか?

個人的には、旦那を生んでくれた事に対する感謝に対しては、
(本来は)誰にでも持っていて欲しい感謝だとは思いますが、
日々のストレスの蓄積でとてもじゃないが感謝できない!
という人の気持ちもわかります。

だから個人的には母の日には贈りものをしてあげて欲しいとは思いますけど、
それが義務感でやっているだけの母の日であるならば、
やめてしまっても全く問題はないと考えています。

この辺りの話は、以前記事にしていますので、
良ければそちらも参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク

それでも姑から母の日の催促が来る場合には?

母の日祝いを義母に贈っても文句も多いしあげた甲斐ないし、
そんなことに毎年頭を悩ませるのなんて面倒だし・・・

そもそも義母のことは嫌いだから、母の日をあげたくない。
よし、母の日祝いを義母にするのは今年からやめよう!

なんて思っていても、義母から母の日を催促されるというケースがあります
挙句の果てに欲しいものまで指定してくる時もあるようです。

不思議なもので世の中には貰うのが当然だと思っている人が少なからずいるんですよね。
100歩譲って、バレンタインのお返しでホワイトデーを催促するとかなら、
理解は出来なくはないのですが、感謝の日を催促するのは意味がわかりませんよね。

ただ、実際にそのような人がいるのも事実ですから、
もし、あなたの義母が催促をしてくるタイプの人間だった場合の対処をお伝えします。

ここでも、旦那を使って上手く回避してしまいましょう。

催促はほとんどは電話できますので、
その場ではあげる/あげないの回答をしないようにします。

具体的には、「すみません、夫にそう伝えておきますね」と言って、
自分にはその判断出来ないことをしっかりと伝えましょう。

もしくは、
「今年からは○○さん(旦那)にプレゼント決めをお願いしました」
っと伝えるのも効果的です。

これからは実の息子(旦那)の判断次第ということです。
仮にプレゼントが届かなくて再度連絡が来たとしても、
「○○さん(旦那)に聞いてみますね」で話を終らせることが出来ます。

事前に旦那さんと母の日はどうするのか?
ということを打合せしておく必要はありますが、
本当に旦那さんに任せてしまってもいいですし、
そういう流れにするという話だけでも構いません。

何はともあれ、何の打合せもせずに、
旦那さんに話が言ってしまう事だけは避ける様にしましょう。

まとめ

義母が本当に良い人であればこんなに悩む必要はないのに・・・
なんでこんな人が旦那を生んで育てられたのかしら・・・?

そんなことを思ってしまうほど、義母と不仲というのは辛いことです。

ただ、子は親を選べないように、嫁も義母を選ぶのは難しいです。
旦那の親が毒親だったという事実を受け入れるしかありません。

無干渉にするか、気に入られるよう愛想を振舞うかは、
あなたが義両親とどのような関係になりたいかで変わってくると思います。

いずれにしてもあなたがストレスを感じず、
幸せに生活出来るような立ち振る舞いをしていってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です