七五三って12月では遅い?お参りはいつまでに?写真は?

七五三は11月のイベントだけど、
ご家族の予定が合わせられず、
七五三が12月に被ってしまうなんてこともありますよね。

今回は、そんなご家族の為に、
12月の七五三について記事にしてみました。

スポンサーリンク

七五三を12月にやるのは遅い?

七五三は11月15日と設定されています。

本来はその日にお参りをしたりするのが慣わしとしてありますが、
現在の状況はというと、
10月下旬~11月上旬の土日祝日にやるご家庭が多いようです。

ですが、最近は共働きの家庭も多く、
予定を合わせて11月中に実施するのが
難しいというご家庭もいるかと思います。。

でも、ご安心ください。

七五三は12月にやっても大丈夫なんですよ。

そもそも七五三は子供の成長を祝い、感謝をするのが目的です。

子供の成長を祝い、神様に感謝をして、
一家団欒、子供と楽しく過ごす。

これが七五三の醍醐味ですので、
時期が多少ズレてしまっても問題はありませんよ。

ただ、七五三というくらいですから、
(一般的には)数え年で7歳、5歳、3歳のタイミングでやる行事です。

いくら時期がズレると言っても、
8歳、6歳、4歳になる前に、
一通りの事はやっておいた方が良いとは思います。

また、こういった季節ものは、
早目にやる方が金銭的には安くなるのが常です。

例えば、神社と写真館の七五三に伴う、
割引キャンペーンが利用できないということがあったりします。

そういう部分にさえ目を瞑れば、
12月は11月に比べれば、人の混雑も少ないですし、
逆に家族でのびのびと過ごせるいい機会になるのではないでしょうか。

以降では、そんな12月の七五三での
お参りや写真撮影の注意やポイントをお伝えしていきます。

七五三のお参りはいつまでにすればいいの?

神社のお参りのは12月初旬までは受け付けてくれるところがあります。
また、大きい神社であれば、通年でやっているところもあるみたいです。
まずは電話でしっかりと確認をしておきましょう。

ですが、12月後半になればなるほど、
年末年始のイベント準備に神社も忙しくなってくるため、
年内にいくのであれば、早目に行ってしまう方がいいと思います。

12月初頭であれば、七五三のお参り客もまだ結構いるみたいですよ。

ただ、千歳飴は12月だと貰えないところも多いみたいなので、
その辺も電話で聞いておき、必要であれば自分で準備しておきましょう。
※千歳飴は親から子どもに渡すものなので必ずしも用意はいりません。

これはお参りとはあまり関係はありませんが、
通常のお参りと少し時期がずれる為、
その分寒くなります、風邪には十分注意しましょうね。


スポンサーリンク

七五三の写真はいつまでに撮ればいいの?

写真撮影に関しては、写真スタジオであれば、
通年で受付してくれます。

よって、時期がズレていても全然大丈夫です。

むしろ、敢えて時期をズラすことでメリットがあります。
七五三では着物をレンタルするご家庭も多いと思います。
ぎりぎりで駆け込み予約をすると、
選べる衣装が少なくて、せっかくの記念写真に、
気に入った着物を着せてあげられないということが起こりえますよね。

時期をズラせば、選べる衣装も豊富にある為、
お気に入りを見つけやすいですよ。

また、写真館の多忙期を外すことで、
いつも以上に丁寧に撮影してくれる可能性もありますよね。
※これは写真館によりけりだとは思いますが・・・

まとめ

如何だったでしょうか。
12月の七五三、全然悪い事じゃないんですよ。

筆者的にはおすすめは、
今から焦って、写真もお参りもと考えず、
とりあえず12月上旬にお参りだけでもしっかりと済ませ、
ゆっくりと時間が取れる時に、
おめかしして家族の記念写真を撮るという方法です。

前撮りばかりが注目されますが、
後撮りっていうのも悪くないと思います。

もしくは、
最近の七五三は「数え年」でなく、
「満年齢」でやるご家庭も多いそうです。

なので、焦って「数え年」の七五三をやるのでなく、
来年に向けてしっかりと準備して、
「満年齢」での七五三というのはいかがでしょうか。

どちらにしても大切なご家族での思い出作りです。
10年後に「楽しかった」と思えるような、
そんな素敵な思い出にしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です