雛人形に猫がイタズラしそう!すぐ出来る猫対策の方法!猫避けには匂いが効果的?

可愛い娘の初節句をお祝いしたくて、気合を入れて用意したけれど、
飼い猫にイタズラされそうで心配という方もいるのではないですか?

特にまだ子猫だったりすると、やんちゃな子が多いから、
より一層、心配になりますよね。

ネコが登って雛人形を落としてしまうかもしれないし、
不意のネコパンチで、大事な人形に傷が付く事だってあり得ます。

ネコの毛がついたらお掃除も大変です。

一度のイタズラで取り返しが付かなくなることもありますから、
今すぐ出来る対策をとっておきたいところですね!

というわけで今回は・・・

雛人形を猫から守るすぐ出来る対策方法

こちらをテーマに記事にしてみました。

スポンサーリンク

雛人形が猫にイタズラされそう!?何とかして守りたい!

猫って本当に何に興味を示すかわかりませんよね。

高いところに登ってみたり、目に映るもの引っかいてみたり、
電源コードに噛み噛みしてみたり。

何に興味を示して、どんなイタズラをするかは、
猫の性格によって様々。

これは猫の本能的な部分ですから、止めようがありません。

でもネコは頭のいい動物、飼い主側がきちんとしつけをすることで、
イタズラは止めることが出来るようになります。

それを踏まえて考えて見ると・・・

登りやすい階段状のひな壇、じゃれやすい雛人形、
噛んでくださいと言わんばかりのぼんぼりの電源コード。

雛人形って猫が興味を示しそうな要素が盛りだくさん。

今後も使っていく大切なものだから、傷つけられたら大変です!
だからこそ、しっかりとしつけをしていきたいところですね。

でもちょっと待ってください・・・
猫がいくらかしこい動物とはいえ、
短い期間でしつけをするのは無理ですよね。

しつけている間にイタズラされたら意味がありませんね。

ですから、しつけは継続的に行うとして、
今すぐに出来る対策を講じる必要があるということです!

雛人形をねこちゃんからに守るポイントは、
近づかせない、触らせないことです。

もし対策を講じないと、、、、、

こうなって、、、、、

最終的に、、、、

【ぷち衝撃画像につき閲覧注意】

>>猫にイタズラされた雛人形の末路

上記のような状態になってしまうかもしれません。
こうなってしまってはあまりに悲惨です・・・

ですから、こんなことになる前に、
今すぐに出来る猫ちゃん対策をご紹介します。

雛人形を守る為に今すぐ出来る猫対策

繰り返しになりますが、雛人形を飼い猫から守るには、
近づかせない、触らせないことです。
要するに、猫避けをすればいいということです。

猫避け対策はたくさんありますが、
外にいる野良猫に対してのものばかりで、
室内の飼い猫に対して出来る事は限られています。

家族である飼い猫に対しての猫避けは、
あまり過剰にやると可哀想ですしね・・・

自由奔放な猫ちゃんですから、
何をやるにしても少なからずストレスは感じてしまうとは思いますが、
可能な限り影響範囲を少ない対策を講じてあげて欲しいです。

というわけで、

・すぐに出来る
・影響範囲を可能な限り少なく
・過剰になり過ぎない

このあたりを意識した猫よけ対策をいくつかご紹介します。

ドア付きの部屋に飾り、ネコが入れないようにする

ドア付きの部屋に雛人形を飾り、猫が物理的に入れないようにしてしまう方法です。
ただ、猫は頭が良いので、ドアを自分で開けてしまう場合があります。
それを防ぐ為には、以下のような対策を講じると良いでしょう。

ドアをロック

ドアに鍵がついている場合は積極的に活用していきます。
ただ、家族がいる場合などに、いちいちドアをロックすると、
生活が不便になりますので、少し考えどころです。

ドアストッパー

ドアに鍵がついていない場合には、
ドアの下にある隙間にドアストッパーを挟んでおくことで、
ネコがドアを開けて侵入するのを防ぐ事が出来ます。

引き戸には専用のストッパーを

自宅が洋室ではなく和室だと、
ドアでなくてふすまの場合もありますよね。
引き戸タイプの場合には、専用のロック(鍵)が楽天市場などで安価で販売されています。

※クリックで楽天市場に飛べます

雛人形をケースに入れて飾るようにする

雛人形をケースに入れることで、直接触れないようにすることが出来ます。
これが一番猫にストレスを与えない方法だと思います。

ただ、ケース上がネコのくつろぎスペースになってしまうことがあります。
ケースの材質はガラスやアクリルが主ですが、
ガラスにしても、アクリルにしても、重量が掛かる事を想定されておらず、
重さに耐えられず外れて、中の雛人形に落ちる可能性があります。

なのでもしケースに入れて飾る時は、猫が乗ってもガラスやアクリルが外れないように、
ケースより大きい板を上にのせて置くのがより安全です。

ジャンプの取っ掛かりとなる段差を無くす

ネコの跳躍力はかなりのものです。

ちょっと高い位置に雛人形を置いたくらいでは、
猫ちゃんから逃れることは出来ません。

助走なしでも1.5mくらいはジャンプ出来てしまうのです。

ですからちょっとした段差や取っ掛かりから、
ピョイーンとジャンプして、高いところに到達してしまいます。

逆に言えば、高いところかつ、猫がジャンプ台に出来そうな
取っ掛かりを作らないように意識して、雛人形を飾るようにすれば良いわけです。

しかし、近くにタンスや棚等の引き出しがあったりすると、
そこが少し空いているだけでもジャンプ出来てしまうので、
普段の生活から開けたら閉めるを徹底する必要があります。


スポンサーリンク

ネコの苦手な匂いを置いて近寄らせない

猫は匂いに非常に敏感です。
苦手な匂いがある場所には近づきません。

この習性を利用して、
雛人形の周りにネコの苦手な匂いを置いておき、
ネコを近づかせないことで、雛人形を守る事が出来ます。

おすすめの猫避け対策は匂い!

いくつか紹介させて頂きましたが、
個人的なおすすめは匂いによる猫避けです。

ドアでの対策もおススメではありますが、
お住みの家によっては、置く場所を選べないこともあります。

匂いで対策するのはどの家でも出来ますので、
個人的には匂いをおススメします。

では、匂いでの猫よけについて、
もう少し詳しく書いていきます。

猫が苦手な匂いとは?

猫が苦手な匂いは主に以下のような匂いです。
これら匂いを雛人形の周りにちらす事で猫よけの効果があります。

■ハーブ■
フローラルな香りのするミントやローズマリーの香りは、
猫が苦手としている匂いです。

苗木を買ってきて、雛人形の周りに飾ったり、
ミント系のスプレー等で雛人形の周りに香り付けするのも効果的です。
ただ直接、雛人形には当てないようにしてくださいね。

湿気や水気は雛人形には大敵です。

■コーヒー■
コーヒーからする刺激臭は猫の嫌いな匂いです。

ドリップ後のコーヒカスや、インスタントコーヒーの匂いでも効果はあります。

天日干し(電子レンジでも可)して乾燥させたコーヒーを、
お茶パックやガーゼの袋に入れて雛人形の周りに設置してください。

■柑橘系の香り■
レモンやみかん・オレンジ、人間には爽やかに感じる匂いですが、
柑橘系のすっぱい匂いは猫が避ける匂いです。

柑橘系の匂いで猫よけをする場合には、
こちらの商品がおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フマキラー 犬猫忌避剤 犬猫まわれ右粒剤 850g
価格:757円(税込、送料別) (2018/2/1時点)

※クリックで楽天市場に飛べます

粒剤タイプなので、本来はお庭や駐車場に撒く商品ですが、
紙コップ等に入れることで、室内でも使用する事ができます。

ただ、誤って倒れてしまうと室内に散ってしまいます。
万が一にもネコが口に入れる事がないよう、
紙コップに入れた後、ガーゼで蓋をして輪ゴムで止めておく等の配慮が必要です。

雛人形の周りの何箇所かにおくことで、猫よけとして効果を発揮します。

また、わざわざ商品を購入しなくても、
簡単に作れる、手作りスプレーを周りに撒いて匂い付けしておくというのも良いでしょう。

【簡単レモンスプレーの作り方】
レモン半分を絞り、水350mlで薄めた後、霧吹き等に移す。

まとめ

いかがだったでしょうか。

匂いについては、猫それぞれ好みがありますので、
色々試してもらうのが一番いいと思います。

いずれにしても、大切な雛人形を守る為だから仕方ない事とはいえ、
あまりやり過ぎて猫がストレスを感じないようにしてあげてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です