一人暮らしの玄関に必要なものとは?あると便利なものと狭い場合の対策

一人暮らし 玄関 必要なもの

3月、4月といえば引越しのシーズンですね。
社会人になって、初めて一人暮らしするという方も多いのではないでしょうか。

これから一人で生活をする為に、
必要なものを全て用意しなければなりませんから大変ですよね。

キッチン用品、家具、家電、トイレ用品、お風呂用品・・・

用意するものは色々ありますからね。

でもちょっと待ってください、大事なものを忘れていませんか?
これを忘れると異臭に悩まされてしまうかもしれませんよ?

といわけで今回は、

一人暮らしの玄関に必要なもの、あると便利なもの

こちらをテーマに記事を書いていきます。

スポンサーリンク

一人暮らしの玄関に最低限必要なものとは?

一人暮らしで必要なものの話を聞くと、
リビングやキッチンに置く家具家電が良く話題にあがりますね。
次点でトイレやお風呂かなと思います。

特にリビング周りはくつろぎの空間ですから、
快適にしておきたいと思うのは当然だと思いますし、
気持ちはわからないでもありません。

でも、そういうメジャーな部分にばかり気をとられていると、
あんがい忘れがちなのが玄関周りの家具です。

玄関というのは、基本的には部屋から出たり入ったりするだけです。
ですから、必要なものは少ないですが、
逆に言うとこれだけは用意しておいて欲しいというものがあります。

それが靴箱です。

自分の履く靴が1足だけという人って少ないです。
そうすると、普段履かない靴を収納する場所が必要になりますよね。

え?そんなの出しておけばいいじゃん?

と思ったあなた・・・
今後の一人暮らしの生活で異臭に苦しむ未来が見えます!

実家暮らしが長いとピンとこないかもしれませんが、
靴を出しっぱなしにすると、異臭を発することがあるんですね。

玄関の異臭の原因というのは、

・湿気からくるカビの臭い
・汗を吸った靴の臭い

この2つの臭いが混ざり合ったものです。
どちらか1つだけでも結構気になる臭いではあるのですが、
混ざり合うと耐え難い臭いになるのです。

一人暮らしの部屋に多い間取りとして、
玄関を開けたら目の前がすぐ生活スペースという間取りがありますね。

この間取りの場合だと、玄関からの臭いが部屋に充満してしまって、
生活していて気になるレベルを通り越して、支障が出るレベルです。

一人暮らしをする上で揃える生活用品というのは、
2つの種類があると私は思っています。

ないと支障が出るもの」と「ないと不便なもの」です。

支障が出るのと不便に感じるのとは大きく状況が違いますよね。
そして私は異臭問題は、「支障が出るもの」レベルだと思っています。

もし、靴箱1つで快適に生活が出来るのであれば、
高い買物ではないですよね。

もし引越し先に靴箱が無いようであれば、出しっぱなしで対応するのではなく、
購入を検討してみてください。

そして、その靴箱には湿気対策、消臭対策をしっかりとしてくださいね。

玄関に必須ではないけれどあると便利なもの。

あると便利なもの

玄関で最低限必要なものは「靴箱」だと書きましたが、
それ以外にも「あると便利なもの」というのはたくさんあります。

ここでは、その「あると便利なもの」をご紹介させていただきますね。

鏡・姿見

やはり出掛ける前には身だしなみのチェックは必要ですよね。
洗面台の鏡でも出来ない事はありませんが、
やはり気軽に全身を映せる鏡はあったほうが便利です。

椅子

え?玄関に椅子?

そう思われる方もいるかもしれませんが、
玄関に椅子を置いておくと、かなり役に立ちます。

・ちょっと荷物を置く
・濡れたコートを掛ける
・ブーツ等の履き辛い靴を履く時に座れる

等々、用途はさまざまです。
収納スペースが高い位置にある場合にも、
脚立の役割も果たしてくれるし、
一石二鳥どころか、一石五鳥くらいの価値があります。
※この場合は一席五鳥が正しいのかもしれませんが・・・(笑)

玄関のほうき、チリとり

これは昔から置いてある家庭が多いですね。
玄関の掃除は掃除機でも出来ますが、
玄関って砂利とか砂が多いので、掃除機のノズルが汚れたりしてしまいます。

スポンサーリンク

最終的には掃除機を掛けるとしても、
先にほうきとチリとりで砂利や砂を取り除いておきたいです。

鍵収納

一人暮らしになると、全ての鍵を自分で管理しなくてはいけません。
あちらこちらに鍵を管理していると無くす原因になります。

鍵は絶対にこの位置と決めておくことで、
無くすリスクを低減出来ますよね。

場所はどこでもいいのですが、
鍵を一番使うのは部屋の鍵の開け閉めだと思いますので、
玄関に置いてあると便利です。

印鑑、ボールペン、カッターナイフ

通販で買物をしたり、郵便物を受取ったりする時、
サインを求められますので、その時に印鑑やボールペンがあると便利です。

またカッターナイフがあれば、
段ボール類をすぐに開けることも出来ますし、
封筒の場合にはペーパーナイフとしても役に立つでしょう。

来客を意識するなら

もし来客が多い環境でしたら、
以下の物を用意しておくといいでしょう。

靴べら

普段、自分が靴を履く時に使うというのもありますが、
相手への気遣いとして置いておくといいと思います。

のれん

一人暮らしの部屋の場合には、
ドアを開けたら部屋が丸見えの間取りの場合があります。

部屋が汚いと恥ずかしいですよね。

のれんがあれば、玄関だけの対応であれば、
部屋を見られずに済みますので、
気になるようであれば準備しておくといいと思います。

玄関マット

私は見た目の問題と靴底の泥や砂を払う為に
敷いているのだと思っていましたが、どうやら風水的な要素もあるようです。
そういうのが気になる方は調べて置いてみてもいいかもしれません。

ただ、思ったより汚くなります。
こまめな洗濯をして清潔さを保ちましょう。

傘立て

自分の傘なら適当に掛けておけばいいと思いますが、
来客者の傘はそうはいきませんよね。

ただ、こちらも必要であればでいいと思います。

スリッパ・スリッパラック

冬場のフローリングは冷たいので、
あると良いかもしれません。

ただ、自分だけスリッパを履いているのもおかしいですから、
その場合には来客用のスリッパも用意してあげてくださいね。

コート掛け

雨等で濡れた場合の衣服を部屋に持ち込まず、
その場で掛けられるというメリットがあります。

また来客者のコートが皺にならないように、
玄関に掛けておけます。

必須ではありませんが、あると役に立ちます。

一人暮らしで玄関が狭いので何も置けないという人には・・・

間取りにもよりますが、異常に玄関が狭い間取りの部屋も存在します。
そういう場合に靴箱をおくと入口を塞いでしまい出入りし辛いです。
防災的にも入口が塞がっているのはよくありませんので、
少し方法を工夫をする必要があります。

スペースをとらないシューラックを使う

靴箱は箱なので設置するとなるとどうしても場所を使ってしまいます。
単純に靴を収納するのであれば、シューラックを使うことをおススメします。

上記のような商品であれば、
一人暮らしにありがちな狭い玄関でも邪魔にならず、
省スペースに靴をたくさん置けますね。

突っ張り棒を活用し収納スペースを作る

突っ張り棒は一人暮らしの強い見方です。

突っ張り棒を2本用意して、
頭の位置より高いところに配置すれば、
高い位置に簡易的な収納スペースを用意することが出来ます。

たくさん靴があったとしても、
普段は履かない靴はそちらの収納スペースに置いてしまえば、
1足~2足くらしか玄関に置いておかずに済みますよね。

入替えの手間があったりはしますが、
100均でも突っ張り棒は手に入りますので、
安価で対応することが出来るのが良いですよね。

どちらにしても湿気、消臭対策を・・・

上記のどちらの方法でも靴は収納できますが、
蓋付きの靴箱ではない為、どうしても臭いが気になります。

湿気対策をしてカビを防ぎつつ、
消臭対策をして臭いの元を断ちましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

靴箱は最低限必要とさせて頂いていますが、
その他のものはあると便利レベルですので、
急いで揃える必要はありません。

引越しにはお金が掛かりますので、
購入するのも大変かとは思いますが、
臭いは一度付くと対策をしてもなかなか臭いが取れません。

はじめが肝心だったりもするので、
ぜひとも参考にして頂き、検討いただければと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です