針供養はいつやるの?どちらの日付が正しいの?時期を過ぎてたらどうするの?

針供養と聞いてあなたはパッと思い浮かびましたか?

あれだよね、豆腐とかこんにゃくに針刺すやつ!

みたいな感じで、昔に家族がやっているのを見ていて、
どういう行事なのかは何となくは知っているけど、
なにせ子供の記憶だから、いつやっていたかまでは覚えていない。

こんな人もいるのではないでしょうか。

日本の年中行事って数が多いですよね。
有名なもの意外は名前くらいしか知らなくて、
あとはいつだったかすら覚えていない事なんてザラにあります。

針供養もどちらかというとマイナー寄りの風習です。
服飾関係の仕事か学校関係者じゃなければ、
若い子は知らない可能性すらありますよね。

でもこのページを見て頂いてるということは、
名前くらいは知っているという事なんだと思います。
それだけでも素晴しいことだとは思いますが、
せっかくだからもう少しだけ、学んでいってください^^

というわけで今回は・・・・

針供養っていつやるの?

こちらをテーマに書いていきます。

スポンサーリンク

針供養はいつやるの?

針供養と言うのは、2月8日か12月8日、もしくはその両日に、
使い古しの針に感謝を込めて行う日本の風習です。

日本の風習というのはたくさんありますが、
年に2回もチャンス(?)がある風習と言うのは珍しいと思いませんか?

お正月や七五三なんていう有名な風習は、年に1度しかありませんから、
違和感を感じますよね。

では、なぜ12月8日と2月8日という2つの日があるのでしょうか。

昔の日本では、何か「事」を始めたり納めたりする大切な日として重要視していました。

2月を「事始め」、12月を「事収め」とするのが主流の考えとしてありますが、
2月8日と12月8日のどちらかを「事始め」、他方を「事納め」と呼ぶこともあります。

つまり、

12月8日が事始めなら2月8日は事納め
2月8日が事始めなら12月8日が事納め

だということになります。

「事納め」とは、事つまり田畑に関する作業はこの日までに終わるべき日
「事始め」とは、田畑に関する作業をこの日から始める日

とされていたわけです。

スポンサーリンク

両日をまとめて事八日(ことようか)と呼んでいます。

この間は、魔物が家の中をうかがっているので、
身をつつしむ日とされ、針仕事も休んだそうです。

そのため、事納め、事始めに針供養を行うという風習が確立したと言われています。

針供養は事納めと事始めどちらの日付でやるの?

針供養には2つの日付があることがわかりました。

気になるのは、結局どっちの日付でやるのが正しいのかな?
ということですよね。

一般的に針供養に限らず全ての祭事については、
関西では事納めの12月8日が重視されることが多く、
関東では事始めの2月8日が重視されることが多いとされています。

ですが、実際には地域ごとに結構なバラつきがあるようです。

あなたのお住まいの地域が、
事納めと事始めのどちらを重視しているのかを知るには、
近所の神社で針供養がいつ行われているかを調べるのが早いと思います。

HPから調べてもいいですし、神社に電話して聞いてみるのもありかと思います。

針供養の時期を過ぎてしまった場合には?

もし、自分の地域の針供養の時期を過ぎてしまった場合についても、
一応伝えておこうと思います。

自分の地域の針供養の時期を調べた際に、
今年の針供養が終ってしまっていた場合についてです。

一年間待っているのもアレだし・・・

という感じですよね。

安心してください。
事収め、事始めに関わらず、
ご自分で、都合のよい時に行う人もいます。

この場合、相談してみないことにはわかりませんが、
神社ではやってくれない可能性がありますので、
ご自宅で針供養をする事になります。

ご自宅で針供養をする場合には、使い古した針を豆腐かこんにゃくに刺し、
神棚か仏壇にあげて、祈りを捧げる黙祷をしてください。

終わったら、庭の土中深くに埋め、その上から塩で清めてください。

針供養の作法においては、豆腐に刺して供養した針は、
抜かずにそのまま土の中に埋めるようですが、
最近では、不法投棄なんて言われてしまう場合もありますので、
土中に埋める際には注意してくださいね。

時代の流れがと言うものがありますので、
抜いて捨てるのも致し方ないと思います。

またゴミとして捨てる際には、
むき出しのまま捨てるのではなく、
ゴミ回収業者の方が手を怪我しないように配慮してあげてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です