針供養で豆腐を使うのはなぜ?こんにゃくでも可の理由、他の食べ物ではダメなの?

針供養 豆腐 なぜ

針供養とは、折れたり、錆びたりして使えなくなった裁縫針を
豆腐やこんにゃくに刺して供養する日本に昔からある風習ですね。

最近の人はやらない人が多いようですが、
子供の頃、母親とか祖母がやっているのを見た。
という方もいるのではないでしょうか。

豆腐やこんにゃくに針を刺す光景なんて、
普段は見られない光景だから印象に残っているのもわかります。

実は私もその口です。

でもよくよく考えて見ると、
なぜ豆腐やこんにゃくに針を刺すのでしょうか?

この理由をきちんと知っている人って少ないんじゃないのかな?
と思います。

というわけで、今回は・・・

針供養で豆腐やこんにゃくを使うのはなぜ?

こちらをテーマに記事を書いていきます。

スポンサーリンク

針供養で豆腐に針を刺すのはなぜだろう?

針供養というのは日本の行事の1つです。
毎年、2月8日か12月8日のどちらか、もしくは両日に催される行事で、
神社や各家庭で行われています。

折れてしまったり、錆びてしまって使えなくなった針を
豆腐やこんにゃくに刺して供養するという日本に昔からある風習です。

その歴史は古く、江戸時代中期以降から全国に広まったとされています。

針供養は裁縫針への感謝を込めた祈りと裁縫の上達を願いを込めて行われる行事なのです。

なぜ豆腐やこんにゃくに針を刺すのか、理由は定かではありませんが、
一説によると、長年の愛用してきた、裁縫針への供物としての意味合いがあり、
食べ物に刺しているとも言われているようですね。

ですから、あなたの愛用していた裁縫針が折れた際には、
ただ捨てるのではなくて、

「今までありがとう!」

という感謝の気持ちを込めて、供養をしてあげて欲しいなと思います。

針供養で豆腐とこんにゃくを使う理由は?

上述の通り、針供養は針に感謝する日です。
折れたり、錆びたりした針を豆腐やこんにゃくに刺す方法が一般的に
知れ渡っています。

でも、何で豆腐とこんにゃくなのでしょうか?

スポンサーリンク

これは、いつも堅いものばかり刺して使っている針に対して、

最後はやわらかいところでゆっくりと休んでくださいね。

という労いの気持ちを表しているとされています。

ドライな考えを持っている方だと、
針は生き物ではないんだから、感謝の気持ちが伝わるわけがない。
なんて考える方もいるかもしれません。

ですが、昔の日本では長く使ったものには魂が宿るとされていて、
道具に対して敬意を表する風習があったのです。

この道具に魂が宿るという考え方は、日本以外ではあまりない文化なのです。

魂が宿った道具の事を付喪神と言いますが、
長年愛用してきた針が付喪神になっているかも知れないわけですから、
感謝を込めて供養しているというわけです。

こういう日本らしい文化、私は大好きです^^

針供養に使っていい食べ物は他にある?

豆腐やこんにゃくを使うというのが一般的だとお伝えしましたが、
実は針を刺す食べ物は豆腐やこんにゃくである必要はありません。

やわらかいものに使えなくなった針を刺す事に意味があるのです。

やわらかいものなら何でも良くて、
お餅やゼリーなんかでもいいわけです。

ちなみに我が家は2月8日に行われていましたが、
毎年その時期になるとなぜ大福を食べていた為、
大福に刺しまくっていた記憶があります。

大福って小さいし、丸いので刺した後は、
ウニのようにも見えるし、丸まったハリネズミのようにも見える、
なんだか面白い光景だったと記憶しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

物を大切にする日本らしい風習だなと思いませんか?

昔から日本にある風習と言うのは、
所作の1つ1つの意味がしっかりとあります。

最近では昔からの日本の風習をやらない家庭も増えてきました。
やっていも形だけだったりします。

ですが、意味や意図をしっかりと理解することで、
1つ1つの行事をより一層楽しむ事が出来ますし、
何よりそうする事でこういった風習が子供達の世代に受け継がれていくと私は思っています。

今後も当ブログでは今後も日本風習を取扱っていきますので、
あなたも一緒に勉強をしていきましょう^^


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です