職場の上司には義理チョコで感謝を伝えよう!メッセージカードの内容と注意点!

バレンタインの義理チョコって皆さん渡していますか?
最近では職場でのバレンタインチョコ禁止のところもあるようですが、
まだまだ毎年のイベントとして、恒例化している職場もあるのではないでしょうか。

女性から意見を聞くと面倒くさいとか禁止にして欲しいなんて話も聞きますが、
どうせ恒例で渡すなら、適当に済ますのではなく、日頃の感謝の気持ちをしっかり込めて、
義理チョコを贈ってみてもいいのではないかなと思います。

ただ職場での男性というと・・・
上司・同僚・後輩と立場や状況が違う人はさまざまですよね。

今回は、上司にスポットあてていこうかなと思います。

というわけで今回は「職場で上司に義理チョコを渡す時」をテーマに、
記事を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

職場の上司には義理チョコを渡して感謝を伝えようとしているあたなへ

そもそも、上司は部下から義理チョコを貰って嬉しいものなのでしょうか?

男性側に聞くと「お返しが面倒くさいからいらない」なんて意見も聞くし、
あげる事そのものが迷惑かもなんて思う方もいるかもしれないですよね。

男の本音で言えば、確かに貰うのは面倒くさいです。

ホワイトデーのお返しの相場は貰ったチョコレートの2倍~3倍と言われています。
1つや2つだとそこまでではありませんが、
これが何個もともなると結構な負担になってしまうんですよね。
数を貰うと何をお返しするのか選ぶのも大変です。

これが男性が「面倒くさい」という理由なわけですが、
じゃあ貰って嬉しくないかと言われれば、
全くそんことはなく、嬉しい事には間違いありません。

義理とわかっていながらも、
やはり女性からの贈り物って嬉しいものですよ。

上司と言えど男なのでその気持ちに変わりはありません。

さらに大袋でバラまかれて貰うよりも、
個別で貰う方が嬉しいです。

そこにさらに、個別の感謝を綴ったメッセージカードが付いていたら、
適当に配っているのではなく、ちゃんと考えてくれているんだなと感じます。

ここまでしているのであれば、「お返しが面倒」なんていうことは感じず、
素直に喜んで受け取ってくれると思いますよ。

そういう細やかな配慮一つで相手への印象が変わります。
ぜひとも、メッセージカードのひと手間を加えてみてはいかがでしょうか。
もしかしたら、良い意味で配慮が出来ると職場での見る目が変わるかもしれませんよ?

義理チョコを職場で渡す時のメッセージカードの内容と注意点は?

個別にメッセージカードを書くと言っても、
一体どんなことを書けばいいか、悩んでしまいますよね。

実はそんなに悩むこともなく、
一言感謝の言葉を書くだけで充分なんですよ。

・いつもありがとうございます。 今後とも、よろしくお願致します。

・ささやかですが、感謝の気持ちです。ご賞味ください。

・いつも助けて頂きありがとうございます。これからもご指導の程よろしくお願いします。

こんな感じの言葉を書けば相手に感謝の気持ちが伝わると思います。

こんなシンプルな一言でいいの?
と思う方もいるかもしれませんね。

スポンサーリンク

特別その人に向けて何か書くことが出来ればそれが理想ではありますが・・・
今回、あえて汎用的な一文をご紹介したのには意味があります。

義理チョコでの勘違いに要注意

せっかくだから素敵なメッセージカードを作りたい!
そういう気持ちはわかります。

ですが、男というのは悲しい生き物で、
そのちょっとした特別感から、好意を頂かれていると、
勘違いしてしまう生き物なのです・・・

あなたがその上司に好意があるのであれば、
それでもいいのかもしれません。

ですが、そうだとしたら義理チョコは渡しませんよね?
渡すなら本命チョコです。

感謝だけを伝えるはずが、相手に勘違いされてしまっては意味がありませんし、
トラブルの元にもなりかねません。

上司に限らず、職場の男性に義理チョコを渡す時には、
以下のようなことに注意をした方が良いでしょう。

■勘違いされない為に・・・■
・2人きりでは渡さない
・気合を入れすぎたメッセージにしない
・「好意」に取られ兼ねない文言は避ける
・複数人渡すときはメッセージを統一する

この辺りをしっかり意識しておかないと、
後々トラブルに巻き込まれて困ったことになってしまうかもしれませんよ!

既婚者や彼女持ちにも要注意!

職場の上司ともなると、既婚者の可能性は多いにありますよね。
もしくは彼女がいるなんてこともありえます。

既婚者の上司でであれば、勘違いをすることはないかもしれませんが、
相手に家族がいる事を忘れず、配慮をしてあげる方が良いでしょう。

義理チョコとメッセージカードを渡した結果、
それを相手の家族が見られてしまい、不和の原因にもなりかねません。

それは本意ではないはずですよね。

値段もあまり高いものは避けた方がいいでしょう。

いくらお返し不要と伝えても、
多くの男性はお返しを意識してしまうものです。

それが、既婚者の場合になると、
お返しを用意することそのものが相手の家庭への負担にもなりかねません。

いずれにしても、その場で食べきれるものにするとか、
メッセージカードはあえて付けず、口頭で伝えるとか、
何かしらの配慮はしてあげた方が相手も助かるのではないでしょうか。

やはりいくら感謝を伝えたいからといっても、
相手の状況も考慮せずに渡すのは、相手も負担に感じてしまい、
「迷惑だ・面倒だ」と捉えられかねません。

個人的にはご家族がいる上司でしたら、
アソートのようなご家族で食べられるようなものにして、
メッセージには日頃の感謝の言葉とご家族で食べて欲しい旨を書いておくと、
お歳暮感覚の認識で受取って貰えるかなと思います。

まとめ

感謝の気持ちを込めて、ただチョコレートを渡したいだけなのに、
こんなに注意点があると面倒くさいと思ってしまいますよね。

男心ってものは面倒くさいのです。

最近では、お互いが負担に感じてしまうことから、
職場でのチョコレートのやりとりを禁止しているところもあります。

ただ、職場での雰囲気というものもあるでしょうし、
去年もやったから今年もという義務感のようなものもある人もいますよね。

そういう時は、職場の女性陣からまとめて渡すとか、
もしくはきっぱり渡すのを辞めてしまうというのも一手です。

今回は「職場の上司に義理チョコを渡す」をテーマに男性視点で書かせて頂きました。
あなたのバレンタインのお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です