大安吉日の意味とは?六曜の意味とは?結局は迷信なの?

結婚式や宝くじの購入、引っ越しや会社設立。
一般的にそれらをするのに適しているのは、
大安吉日と昔から言われています。

でも改めて考えて見ると、
大安吉日とはどのような意味の言葉なのでしょうか?

若い人なんかは言葉としては聞いたことがあるけれど、
今まで気にしたことないし、実際の意味を知らないなんて方も
多くいることでしょう。

結婚式なんかではこの言葉がよく登場しますので、
自分には無関係と思わず、せっかくだからしっかりと覚えていきましょう。

というわけで、今回のテーマは・・・

・大安吉日の意味は?
・六曜とは何だろう?
・大安吉日とかって迷信なんだろうか?

これらをテーマに記事を書いていきます。

スポンサーリンク

大安吉日の意味とは?

大安は、六曜の中の一種です。
六曜には「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」があり、
大安が一番縁起が良い「吉日」とされていることから、
「大安吉日」と呼ばれています。

大安吉日は、昔から縁起が良い日と言われており、
何か事をするに際には最適の日とされています。

工事の施工開始日なんかも、縁起が良いことから、
大安が選ばれることが多いです。

さて、そんな縁起が良い大安ですが、
実は大安以外にも、縁起が良いとされる日(吉日)は色々あります。

その他の縁起がいいとされる日(吉日)

一粒万倍日・・・物事を始めるのに良い日

天赦日・・・吉日の中では最も良いとされる日

寅の日・・・金運と深い関係のある日。金運を招くという意味の金運招来日でもあります。

巳の日・・・七福神の一人、弁才天に関係する日で宝くじ購入に適した日

己巳の日・・・巳の日よりもさらに縁起が良いとされる日

上記が大安吉日と同様に縁起が良いとされている日であり、
特にこのような日が重なる日は特に良いとされております。

縁起を担ぐのであれば、何か大きく事を動かす時は、
重なる日を狙っていきたいところですね!

大安吉日は六曜の一種!六曜の意味とは?

大安吉日は、六曜の中の1種と上述しました。
では六曜とはなんなのでしょうか?
ここでは、六曜の意味と種類をお伝えします。

六曜(ろくよう|りくよう)とは?
日本の暦の中でも有名な暦注(暦に記載される日時・方位などの吉凶)の一つで、
昔から冠婚葬祭などで使用されています。

各六曜には吉凶と運勢が決められており、
「結婚式には大安吉日」「お葬式は友引以外」など、
現代でも冠婚葬祭の日程を決める時には六曜を意識して決める人が多くいます。
若い世代になると、本人は気にしないものの、 親や親戚等が気にしたり、
非常識と思われないために、 世間体を気にして仕方なく考慮しているケースも多いです。

スポンサーリンク

先勝(せんしょう|せんがち|せんかち|さきがち|さきかち)

「先んずれば即ち勝つ」という意味です。

また、「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」とも言われています。

何事も急ぐことが良いとされている日なので、
善は急げじゃないですが、何事も午前中に片付けましょう。

友引(ともびき|ゆういん)

「凶事に友を引く」という意味です。
また、「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」と言われています。

この日に葬式を行うと、友人が冥土に引き寄せられる(=死ぬ)とも言われており、
友引の日は休業にするという火葬場が多くあります。

しかしながら、日本のお葬式は仏教が主流である為、
あまり関係はないという見方もあります。

六曜は中国から、仏教はインドから伝来してきているので、
一部の宗派では、友引でも葬儀を行っているようです。

逆に慶事では「幸せのお裾分け」という意味もあり、
お祝い事のお返しをこの日に発送する人もいるようです。

先負(せんぶ|せんぷ|せんまけ|さきまけ)

「先んずれば即ち負ける」という意味があります。
この日は、何事にも穏やかであることが良いとされ、
極力、勝負事や急な用時は避けるべきとされています。

「午前中は凶、午後は吉」とも言われていますので、
何か事を起こすのであれば、午後にすると良いということです。

仏滅(ぶつめつ)

「仏も滅するような大凶日」という意味です。

六曜の中で最も凶の日とおり、婚礼などのお祝い事は避ける習慣があります。
「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」とも言われています。

ですので、この日は基本的に何もしない方が良い日ではありますが、
仏事(法事等)は行っても良いということです。

というわけで、この日に結婚式を挙げる人は少ないので、
結婚式場では料金の仏滅割引を行うところもあります。

大安(たいあん|だいあん)

「大いに安し」という意味です。

六曜の中で最も吉の日とされています。

何をやっても成功する日とされていて、特に結婚式は大安の日に行われることが多いです。

赤口(しゃっこう|しゃっく|じゃっく|じゃっこう|せきぐち)

六曜において凶日とされる日です。
あらゆる物事に対して不吉とされており、新たな行動は控えた方がよいでしょう。

「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつけなければいけず、
「死」を連想される物に注意する日とされる。

「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」と言われています。

大安吉日とか仏滅って迷信なの?

六曜などの暦注は過去に政府から迷信といわれて、
政府公式の暦から姿を消したという歴史があります。

よって、六曜というのは、民間だけが信じている迷信ということです。
なので占いと同じで信じるか信じないかはその人次第ということですね。

しかしながら、昔ながらの考え方を大切にしている人達が多くいるという
事実はあります。

あなた自身が信じていなくても、
普段は気にしないで生活が出来るかもしれませんが、
冠婚葬祭の場においては、角を立てない為だったり、
世間体だったりで意識せざる得ない時が必ずあるでしょう。

生活習慣に根付いているしまっている事もあります。

だから信じるか信じないかは別にして、
そういう人達がいる事も認めてあげて欲しいと思いますし、
知識だけでも覚えておいて欲しいなと個人的には思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です