喪中期間の結婚式は出席する?式中のマナーは?忌中は欠席すべき?

結婚式の招待状が届いたんだけど、身内の不幸で自分は喪中。
そんなことって人生で1度くらいあるものですよね。

喪中の期間って大体1年くらいですから、
その間に誰かが結婚する可能性はおおいにありますよね。

喪中だから祝い事は控えなきゃいけないけど、

「大切な友人の結婚式だからぜひお祝いしたい!」

誰にでも1度は訪れそうなこの状況、
そんな時、あなたならどうしますか?

今回は・・・

・喪中期間で結婚式に出席するのはNGかどうか?
・参加する場合の式中のマナー
・忌中で参加するのはどうなのか?

上記をテーマに記事を書いていきます。

スポンサーリンク

喪中期間の結婚式は出席するのはNG?

喪中期間に行われる結婚式というのは、出席しても大丈夫です。

一昔前は、喪中の際にはお祝い事は控えるべしという考え方が強く、
よって、結婚式の参列はNGとする意見が多くありました。

ですが、最近では忌明け(49日明け)であれば、
参加しても問題ないと考える意見が多くなってきています。

そもそも喪中とは「お祝い事を遠慮しなければならない」ということではなく、
気持ちが落ちている期間はお祝い事は避けた方が良い」くらいの意味である為、
あなたの気持ちの整理が出来ていて、素直にお祝いしたい気持ちでいるならば、
結婚式に参加すること事態は問題にはなりません。

ただ、結婚式とはあなたのイベントではなく、
結婚する側(招待側)のイベントですから、
その方の地域の習慣だったり昔ながらの厳格な家柄だったりする場合には、
その意向に従う必要はあるかと思います。

また本人は良くても、自身の家柄にもそういった意向がある可能性もありますよね。

大事なのは「あなたの気持ち」と「招待側の気持ち」ですが、
余計なトラブルを避ける為にも、最低でも相手側には自身の状況を伝え、
意向を聞いてみるのが一番良いと思います。

最近の考え方で言えば、
「ぜひ来て欲しい」と言ってくれるのではないかなと思います。

もちろん、まだお祝い出来る状態じゃないこともあるかと思います。

そういった場合には、
無理をせず欠席の連絡を早い段階で伝えてあげてくださいね。

喪中で結婚式に参加する際の式中のマナーは?

喪中で出席する場合のマナーについて。
故人の逝去のお話はタブーと思ったほうがよいでしょう。
式前、式中、式後、いかなる場合においてもタブーです。
言葉にはし辛いですが、雰囲気や態度にも出してはいけません。

スポンサーリンク

結婚式は相手にとっては一生の思い出に残る大事なイベント。
上記のような振る舞いは相手のそんなお祝いムードに水を差す事になります。
あなたもお祝いしたくて参列しているはず。
そのような態度を取るのはあなたも本意ではないはずです。

もし、どうしても隠せる自信がないのであれば、
欠席をされる方が良いでしょう。

理由をしっかりと話せば、相手も理解してくれるはずです。

急に忌中になってしまったら結婚式は欠席すべきなのか?

出席の返事を既に出しているにも関わらず、
急に身内が不幸になってしまうということもあると思います。

この場合は忌中になるので欠席をした方がいいのでしょうか?

結論としては、自分の気持ちがどういう気持ちなのか次第ではあると思います。
お葬式と一緒の日で喪主でもない限りは、特に出席しても問題ありません。

身内がなくなり、日が浅いですが、
もしあなたがそれでも「祝いたい、祝ってあげたい」という気持ちが強いのであれば、
まずは相手の意向を聞いてみるのが良いでしょう。

あえて相手に伝えず、参列するという手段もあります。
ですが、親しい間柄の場合、後から知られてしまう事もあります。

相手側が不意に故人の話をしないとも限らず、
その場は上手く誤魔化せたとしても後から知った際に、
「あの時、無理していたんだな・・・」とか、
「故人の話を振ってしまって傷つけたかも」とか、
相手側に余計な気を遣わせてしまう可能性があります。

それはそれで、相手のお祝いムードに水を差してしまいますので、
相手側には事前にお話をしておくべきと、個人的には思います。

事前に伝えておけば相手も話題を避けてくれますからね。

忌明けの際でも、喪中の式中のマナーと同様に、
式前、式中、式後に故人の逝去の話はしないようにしましょう。
態度や雰囲気にも注意をしてくださいね。

もちろん、気持ちの整理が出来ず、
どうしても「お祝いしたい」という気持ちにどうしてもなれない場合も
あるかと思います。

その場合は無理をなさらず、
相手に「欠席」の意思を伝えましょう。

相手も大人ですから理解をしてくれるはずです。

欠席される場合には、祝電の用意を進めましょう。
ご祝儀は忌明けに渡すのが原則になりますので、
祝電にはお祝いが遅れる旨を伝えるのがいいでしょう。

その際、身内に不幸があった事は伏せるようにしてくださいね。

まとめ

昔は比較的厳しかったルールも、時代と共に変化してきています。

もちろんマナーに従うことは大切だとは思いますが、
それ以上に大切な事ってありますよね?

例えば親友の結婚式を喪中で欠席したら、
あなたは、親友の晴れ舞台を見逃してきっと後悔しますし、
親友も仕方のない事とはいえ、残念に思うでしょう。

それをマナーだから仕方ないで諦めるか、
自分の「祝いたい」というその気持ちを大事にするのか。

その時の状況によると思いますし、誰かが決めることではありませんが、

後悔しない選択肢を取って欲しいなと個人的には思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です