御用納めとは何?仕事納めとは何か違いがあるの?

年末が近づいてきましたね。
早く仕事がお休みにならないか、今か今かとソワソワしている人もいるのではないでしょうか。

さて、突然ですがあなたは年内最後の仕事の日のことなんて呼んでいますか?
「仕事納め」と言う方が多いんじゃないのかな?と思います。

私も当たり前のように、「仕事納め」と言っています。
しかし人によっては、「御用納め」と言う方もいらっしゃるんですよ。

この「御用納め」という言葉、あなたは聞いたことがありますか?
仕事納めと何が違うのでしょうか?

今回は御用納めと仕事納めの違いについては書いていきます。

スポンサーリンク

御用納めとは何?

違いを話す前に、まずは御用納めと仕事納めの意味を改めて学んでおきましょう。

まずは御用納めとは何か?から学びましょう。

御用納めとは・・・

官公庁では行政機関の休日に関する法律が決められており、
12月29日~1月3日までを休日として取り決めしています。

その休日に入る前日、12月28日を「年内の最後の仕事の日」として、
御用納めと呼んでいます。

12月28日が土日になる場合もあり、
その場合には御用納めは前倒しになります。

よって、土日に被ってしまった場合には、
12月26日か12月27日が御用納めとなるわけです。

終わりがあれば始まりがあるように、
御用納めがあるということは、もちろん始まりもあります。

この行政機関が「新年を迎え最初に仕事をする日」のことを
御用始めと言い1月4日のことです。

仕事納めとは何?

次に仕事納めとは何か?を学びましょう。

仕事納めとは・・・

スポンサーリンク

官公庁の休日に関する法律には、一般の民間企業は関係ありません。
ですが、行政機関が休日に入ってしまう為、
業務が滞ることもあり得る為、結果として行政機関のお休みにあわせる企業が多いです。

なので、単純に「年内最後の仕事の日」のことを仕事納めと呼んでいます。

ただ、あわせない(あわせられない)企業もあり、銀行は12月30日まで営業していますし、
サービス業に関しては、企業としての仕事納めがない場合もあります。
※もちろん個人の中では仕事納めはあるとは思いますが・・・

御用納めと仕事納めの違いについて。

では、本題になりますが、
御用納めと仕事納め、一体何が違うのか?
という話です。

結論から言うと、
双方とも「年内最後の仕事の日」を差す言葉になりますので違いはありません。

要するに、行政機関か民間企業かで言葉が別れているだけです。

公務員の方は、「御用納め」を使う方もいるでしょうし、
民間企業の方は、「仕事納め」を使うでしょう。

でも両方とも「年内最後の仕事の日」という意味で使われています。

もちろん、厳密に言えば違う言葉ではありますが、
一般的に会話するレベルでは、「年内最後の仕事の日」という認識で問題は起こりません。

一昔前は、テレビ等でも行政機関の「年内最後の日」を差す言葉として、
御用納めを使っていましたが、視聴者からの声もあり、
最近では「仕事納め」を使っているようですよ。

まとめ

同じ意味や代わりに使ってもそれほど意味が違わない言葉のことを、
同義語といいますよね。
※この場合が同義語該当するかは何ともですが・・・

こういう言葉って日常生活の中でふとした瞬間に登場してきて、
頭を混乱させてしまいます。

日本語って本当に難しいですよね。

今回は友人と年末にやる忘年会の予定を決めている時に出てきた言葉だったので、
改めて調査をしてみてなるほどなぁと思って記事にしてみました。

あなたも気になる言葉が出てきたらぜひ検索してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です