喪中だと寒中見舞いって送るの?年賀状の代わり?出すべきなの?

「寒中見舞い」って言葉、聞いたことがありますか?
若い人だと何となく言葉では聞いたことはありますが、
出したことはない人も多いのではないでしょうか?

一般的には、喪中の際に年賀状が出せないから寒中見舞いを送る。

という人が多いですよね。
これは何故なのでしょうか?

また寒中見舞いとは誰に出すものなのでしょうか?

今回は、喪中だった場合の「寒中見舞い」は、
どのような意図で、誰に出すものなのか?
ということをテーマに書いています。

スポンサーリンク

喪中の際には寒中見舞いを送るものなの?何故なの?

日本の文化として、2親等までの親族が亡くなった場合には、
喪に服す慣わしとなっていますね。

それを喪中というわけですが、
喪中の間にはお祝い事は控えるのが一般的です。

もちろん、お正月の年賀状もお祝い事に含まれますので、
同様に控える人が多いです。

だから年賀状で新年の挨拶が出来ない分、、
年賀状の返信として寒中見舞いを送るという人が多いです。

では何で年賀状の返信として、
寒中見舞いを送るのでしょうか?

理由は単純で、年賀状を出すべき期間から見て、
それに近い期間で挨拶状を送れるタイミングが、
寒中見舞いであるからです。

寒中見舞いを出すタイミングは、
一般的には松の内を過ぎてからです。

松の内とは、関東では1月7日、関西では1月15日までとなっています。
年賀状は松の内まで。寒中見舞いは松の内を過ぎてから。

なので、新年を迎え挨拶をしたいが、
喪中である為に年賀状が出せない。

そのような方々が、一番近い寒中見舞いを利用して、
年賀状が届いた相手に返信の代わりに寒中見舞いを送っています。

では、年賀状が届いた相手以外の人には、
寒中見舞いを送ってはいけないのでしょうか?

寒中見舞いは喪中で出せなかった年賀状の代わり?

寒中見舞いは喪中などの事情があり、
年賀状のやりとりを行わなかったときに『だけ』送れる年賀状の代わり。

と捉えていると、
誰に送っていい物なのかわからなくなってしまいます。

ここで少し覚えておいて欲しいのは、
本来であれば、寒中見舞いは年賀状とはその目的が異なるということです。

・年賀状  :新年を祝う挨拶状

・寒中見舞い:季節の挨拶状(寒いので相手の安否を気遣う)

スポンサーリンク

だから、本来の意味で考えるのであれば、寒中見舞いを誰に送るかという判断には、
「自身が喪中であったかどうか?」は関係がないという事です。

季節の挨拶状ですから、誰に送っても問題はありませんし、
内容についても、「喪中」であることに触れる必要はありません。

あくまで、「寒い季節になりますので風邪など引いておりませんか?」
という、相手の安否を気遣う内容が含まれていればいいわけです。

ただ、「喪中はがき」を出していない等の事情があるのであれば、
一言添えるのはありかもしれませんね。

結局、喪中の際の寒中見舞いは誰に出すべきなの?

前章で、寒中見舞いは誰に出してもいいと言いましたが、
そう言われると逆に迷ってしまいますよね。

なので、ここでは、寒中見舞いを送る事の多い人をあげておきます。
参考にして頂ければ幸いです。

・年賀状を送ってきた方

・(自分が)年賀状を出そうと思ってくれた方

・喪中はがきを出した方

・故人の葬儀に参列してくれた方

・故人宛に年賀状を送ってくれた方

この辺りに寒中見舞いを出しておくと、
無難かと思います。

ただ、職場の方やよく会う友人等の場合には、
松の内を過ぎると、寒中見舞いが届く前に、
顔を合わせることもあります。

その場合、相手からすると、何で普段から顔を合わせるのに、
季節の挨拶状?と困惑される可能性もあります。

なので基本的にはあまり会わない、
遠方の方や故人の知合い等に送ることになるのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?

こういったやりとりは、
大人になるまでは親がやっていてくれたので、
自分ではあんがいわからない事って多いですよね。

ただ、年を重ねるにつれ、
必ずやらなければいけない日が来ます。

1度経験すれば、2度目以降は困らないと思いますので、
何事も経験ということで寒中見舞いを出してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です