年賀状のポスト投函っていつまで?松の内まで?お返しが遅れた言い訳は何を書く?

最近の若い人って年賀状は送らずにメールで済ますって人が多いですよね。
私も例に漏れず、年賀状は最近送っていません。

ですが、社会人になると会社の絡みもあって、
上司や先輩から年賀状が届いてしまうなんてこともあります。

自分が出していないのに、年明け年賀状が届いてしまうと、
返信を出すか非常に悩みますよね。

日頃お世話になっているわけですから、
少し遅れてしまっても返信はした方がいいと私は思います。

でも、あまり年賀状を出した事がないと、
いつまでに出せばいいのかな?
何か一言添えた方がいいのかな?

なんてことに悩む事もあると思います。

今回は、年賀状への返信はいつまでに出せばいいのか?
何かお詫びの一言を添えるならどのような言葉がいいのか?
この辺をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

年賀状のポスト投函はいつまで?年明けになってしまったんだけど・・・

年明けに来た年賀状の返信。
既に年が明けているわけだから早めに出すに越したことはありません。

とは言え、これから準備をするわけですから、
どれだけ準備に時間が掛かるかわからないし、
時期を過ぎると相手に失礼になりますから、
いつまでが年賀状として認められるのかは知っておいた方がいいですよね。

極論で言ってしまえば、
「年賀ハガキ」を使って出す便りなわけですから、
1年中いつポストに投函しても「年賀状」です。

ただ常識的に考えて一般的な年賀状として扱われるのは、
「松の内」までと言われています。

松の内は一般的には、1月7日までとなります。
※地域差があり、関西では小正月の1月15日まで

ポスト投函の場合、1月7日の最後の回収時間までは
年賀特別郵便扱いにしてくれますが、
到着は松の内を越えてしまうことになります。

郵便局的には「年賀状」として扱ってくれるわけですが、
「年賀状」と言うのは郵便局の為に書くわけではありませんよね?

「年賀状」は送り先の相手に向けて書いているわけなので、
その人が松の内を越えて「年賀状」を受取った時に、
どう思うかが大切なわけです。

人によっては、失礼な人だと思うかもしれませんよね。

そういった印象を相手に与えない為にも、松の内ギリギリにポスト投函ではなく、
松の内ギリギリに届くように送っておくほうが無難ということになります。

よって、1月5日くらいまでにはポスト投函を済ませておきたいですね。

裏技ではないですが、できるだけ早く到着させたい場合には、

ポストに投函するより郵便集配局(市の郵便局)に直接持参すると早くなります。
市の郵便局には24時間受付窓口があるはずなので確認をしてみてください。

窓口で「この郵便は翌日届きますか?」
と聞くとその場で調べてもらえますよ。

またインターネットでもおおよその調べはつきますので、
松の内までに届くかどうかが確認できますよ。

スポンサーリンク

年賀状って松の内までと言うけど、松の内って何?

お正月とはそもそも、歳神様(豊作や幸せをもたらす神様)をお迎えする行事です。

年神様が、迷うことなく家にいらっしゃるよう、
飾り付けをしておくというのが慣わしとなっています。
ここでいう飾り付けとは、お正月でよく目にする「門松、しめ縄、鏡餅」のことです。

この歳神様をお迎えする期間のことを「松の内」と呼んでいます。

松の内の始まりは元日とされており、
松の内の終わりは地域によって異なり、
関東では1月7日まで、関西では1月15日とされています。

年賀状のお返しが遅れる場合の言い訳について

年賀状が届いたことが想定外な状況だと、
返信用の年賀状を用意していない為、
コンビニにダッシュしている人も多いのではないでしょうか?

ただそういうところで買う年賀状だと、
相手もコンビニで目に付いてしまうこともあるし、
宛名だけ書いて出すのは形式的に出した感がすごく強くなってしまいますよね。

ここはやはり一言でもいいので、
手書きのメッセージを添えて差別化をしたいところです。

書く内容については、

・お祝いの言葉
・年賀状へのお礼
・遅れたことのお詫び

この辺は最低限含めた形にしておきたいです。

遅れた理由は明記しておく方が良いかと思いますが、
言い訳がましくならないようサラリと書いたほうがいいでしょう。
自身の都合で年賀状を出すのが遅れてしまったという表現にするのがいいと思います。

敬語でかつ丁寧に書きましょう。
また、忌み言葉を使わないように注意しましょう。

忌み言葉
忌み言葉とは、おめでたい場では避けるべき言葉のことです。

年賀状を書く際に気をつけるワードとしては、
「衰える」「滅びる」「絶える」「病む」
「失う」「破れる」「枯れる」「倒れる」「去る」等があります。
これらを年賀状に使うのは避けましょう。

うっかり使ってしまうのは、前年を差す言葉として「去年」がありますが、

「去」という文字は、「別れる」「離れる」といった意味が含まれています。
「去」が含まれる「去年」という言葉は避けて、
「昨年」「旧年」などと言い換えるようにしましょう。

返信が遅れた際によく使う言い訳は、
以下のような形で変換するといいと思います。

・バタバタしていた → 年末年始の慌しさにとりまぎれ
・帰省していた → 急用があり予定より早く帰省しておりましたため
・自身の体調不良 → 年末より体調がすぐれず床に伏せており(寝込んでおり)
・家族の体調不良 → 家族がインフルエンザにかかり看病であわただしさにおわれていた

素直なのは悪い事ではないですが、
「出すのを忘れた」と言うのは相手の気分を害する事がありますので、
使わないように気をつけましょう。

ポイントは、
「こちらが出したから返したのだな」という印象を与えない文章を心掛ける事です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

毎年書いていないと、返信一つだすのも結構苦労しますよね。

だんだんと年賀状の文化も薄れてきている昨今ですが、
薄れつつある今だからこそ、しっかりと対応することで、
相手から常識人だと認められるいい機会です。

面倒くさがらず、1つずつ丁寧に対応していきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です