インフルエンザ対策のマスクってどれ?どんな種類があるの?会社で使うならどれ?

冬に近づくと流行るインフルエンザ。

毎年ニュースで騒がれますよね。

そんな時期になると、
学校や職場でもインフルエンザ対策の為に、
マスクを着用して手洗いうがいをしろ!
なんて注意喚起が入りますよね。

でも普段あまり対策をしない人だと、
なぜマスクを付けるのか?効果があるのか?
なんて疑問に思う方もいらっしゃいます。

今回は、マスクをつける目的や効果、
よく名前を聞くマスクの種類、
学校や職場でつけるとしたら、
どのようなマスクがいいのか?

この辺をお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザ対策でマスクって効果があるのか?

インフルエンザが流行している時にマスクをつける目的は、
飛沫感染」を少しでも防ぐ為です。

飛沫感染とは?
クシャミや咳等で排出される唾液等の事を「飛沫」と言います。
インフルエンザウィルスは、それ単体では空気中に漂う事はできないので、
この「飛沫」に含まれて排出されるわけです。
この飛沫と接触することで感染することを「飛沫感染」と言います。


マスクの効果とは、
他人から排出された「飛沫」が自身の口や鼻から直接浸入することを防ぐと共に、
自身が感染していた場合に、周りに「飛沫」を撒き散らさない効果が期待出来ます。

また、飛沫というのは直に目や鼻に浸入するより、
ドアノブ等から「手」に付着し、
その「手」で口や鼻を触ることで浸入することが多いです。

インフルエンザが流行ると、手洗いを推奨されるのはこの為です。

マスクを付けることで、「手」が口や鼻に触れる事を防ぐことが出来ますので、
これもマスクの効果の1つと言えるでしょう。

マスクの効果まとめ
・口や鼻に「飛沫」からのウィルス浸入を防げる【予防】
・他人に飛沫を撒き散らさない【感染時】
・手からの感染を間接的に防ぐ【予防】

インフルエンザで使うマスクの種類は?N95?サージカル?

インフルエンザで主に使うであろうマスクは、
サージカルマスクN95規格のマスクですね。

スポンサーリンク

N95規格のマスクは、
SARS(サーズ)が話題になったときに耳にした人が多いのではないでしょうか。

では、サージカルマスクとN95マスクの違いを確認しておきましょう。
(細かい数値的な話は割愛し、概要だけ説明します)

N95マスク
サージカルマスクより生地の目が細かく作られており、
医療関係者が、患者の飛沫を吸い込まないように設計されたマスク。

サージカルマスク
医療用のマスクだが、最近では一般的にみんながつけているマスク。
N95に比べれば生地の目が粗い。

N95マスクというのが、ウイルス用のマスクと扱われているものです。
値段は高価ですが、生地の目が細かい為、飛沫感染を防ぐのに適しています。

ただ、いくら生地の目が細かくても、インフルエンザウィルスを防げるわけではありません。
あくまで「飛沫感染」を防ぐことを目的としているようです。
※理由は上記の通り、ウィルス単体で空気中を漂う事は出来ないからです。

サージカルマスクも、「飛沫」を防止する目的ですが、
N95に比べれば生地の目も粗く、その効果は薄いとも言われています。

どちらにしても何もしていないよりは、
していた方がいいし、「手」からの感染を防ぐ効果も期待できます。

インフルエンザ対策で会社からマスク着用の指示が・・・何をつければいい?

会社で使うとしたら、「サージカルマスク」をオススメします。

基本的には会社には毎日行きますよね?
マスクは使い捨てで毎日取り替える物ですから、
コストが非常に大事になってきます。

N95マスクは効果があると言われている分、値段も高くお財布に優しく有りません。
医療現場の方であればN95がいいのでしょうが、
それ以外の方々は、サージカルマスクで十分と考えられます。

また、日常で使う上で、
N95マスクは機密性が高過ぎて息苦しくなります。

医療現場の方でも、N95マスク装着時は適度に休憩を挟むところが多いみたいなので、
やはり普通の職場で働くレベルであれば、サージカルマスクで良いと私は考えます。

よって、上記の理由から、会社で使うとしたら、
コスト、使いやすさを考えて、サージカルマスクをオススメします。

まとめ

予防にしろ掛かった後にしても、
マスクが意味がないということは決してありません。

マスクを着用することで、飛沫感染を防ぐ、
またはウィルス蔓延を防ぐ効果が期待できますからね。

あとは、忘れずに手洗いうがいをしっかりとして、
インフルエンザに掛かることなく、楽しい冬を満喫してくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です